とにかく何拍?目で見てわかる!【音符の長さ】

休符についての記事はこちら

とにかく何拍?目で見てわかる!【休符の長さ】

 

楽譜の中では、おもにこれらのおんぷを組み合わせて、おんぷの長さ(音価)を表現します。

(ここでは『4ぶんの〇〇びょうし』のように、拍子の分母がの場合で説明していきます。)

 

 

 

拍ぶん』 全音符(ぜんおんぷ)

 

 

拍ぶん』 付点二分音符(ふてん_にぶおんぷ)

 

 

拍ぶん』 二分音符(にぶおんぷ)

 

 

1.5拍ぶん』 付点四分音符(ふてん_しぶおんぷ)

 

 

拍ぶん』 四分音符(しぶおんぷ)

 

 

0.75拍ぶん』 付点八分音符(ふてん_はちぶおんぷ)

 

 

0.5拍ぶん』 八分音符(はちぶおんぷ)

 

 

0.25拍ぶん』 十六分音符(じゅうろくぶおんぷ)

 

 

 

【補足】

・『拍』というのは、単位の一つです。ものの長さは『㎝(センチメートル)』、ものの重さは『Kg(キログラム)』というように、音楽の中では『拍』という単位を使用します。

 

・『拍』は、竹のふしのように、決まった間隔で並んでいます。その拍を4つずつ感じて欲しい場合には、4拍子。3つずつ感じて欲しい場合には3拍子…というようにして、拍子の分子の部分が決まってきます。

拍子の分母の部分については、標準サイズが4で、詳細サイズが8、という感じです。標準・詳細というのは、音符の間隔の詰まりぐあいで決まります。

 

・今回の記事では、『4ぶんの〇〇びょうし』、つまり拍子の分母が4の場合で表記しましたが、これが拍子の分母が8(『8ぶんの〇〇びょうし』ですね。)の場合になると、全ての拍が、倍あつかいになります。

分母が4のときに0.5拍ぶんだった八分音符(♪)は、分母が8になると1拍ぶんになります。

 

・音符の横に『・(てん)』がついているものを、ふてん〇〇のようにして言います。これは『もとの音符の長さ』+『その音符の半分の長さ』があわさった音符です。

なので、付点四分音符『♩.』は、♩(1拍)+♪(0.5拍)=♩.(1.5拍) となり、1.5拍ぶんの長さをもつ音符、ということになります。

 

・たとえば、ここにない『2.5拍ぶん』などの長さを表現したいときは、タイという記号を使って、2つのおんぷを連結してしまいます。

 

 

 

 

 

 

<最新の投稿>
<カテゴリー>
<タグ>

これで解決 やり方 アレンジ エレクトーン コツ コード スキル ディズニー ドッペルドミナント ポケモン 一覧表 体験談 作曲 初見演奏 即興演奏 和声 和音 失敗談 実体験 思うこと 打ち込み(DAW) 本番 楽器 楽譜 発想記号 短調 移調奏 紹介 練習 練習法 耳コピー 調 調号 遊び弾き 鍵盤 鍵盤楽器 長調 雑談 電子オルガン 音楽教室 音楽理論 音源ソフト 音程 音部記号 音階

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール