幼稚園児でも使える【裏コード】

裏コードというのは、いわゆるオシャレコードのひとつです。

日常生活で耳にする機会がわりと少ないコード進行なので、これが使われると、たちどころにジャズっぽいな、凝ったコードだな、という雰囲気になります。

 

そんなとっておきの裏コードですが、じつは幼稚園児にも使えるくらい簡単なワザです。なぜなら、

 

『たどり着きたいコードの半音上を弾く』

 

裏コードとはたったこれだけのことだからです。

 

Cにたどり着きたいならこのように。

 

Fにたどり着きたいなら、このようになります。

 

では、一つずつくわしくみていきます。

 

 

 

 Q【たどり着きたいコードとは?】

 

 

 

 A【裏コードを使用するひとつ後のコードのことです。】

裏コードというのは、それ単体で成り立つものではなく、『どのコードにたどり着きたいか』という結論ありきの存在です。

なので、『裏コードを使ってからその後このコードを鳴らしたい。』

という順に考えるのではなく、

 

『このコードを素敵に鳴らしたいから、裏コードをここで鳴らそう。』

という順番で、コードの進み方を考えていくと、比較的うまくいきます。

 

 

 

 Q【半音上というのはつまりどういうこと?】

 

 

 

 A【その和音で使っているすべての音に、♯(シャープ)をつけるイメージです。】

裏コードを使って、『C』というコードにたどり着きたいとき、まずはその『C』がなんの音で構成されているかを思い浮かべます。

 

『ド・ミ・ソ』の3つの音で成り立っていることが確認できました。

では、この3つの音すべてに、♯(シャープ)をつけていきましょう。

 

そうすると、『ド♯』『ミ♯』『ソ♯』という和音が、できあがります。

 

この、『ド♯ミ♯ソ♯』こそが、『C』の裏コードであるというわけです。

 

 

 

 Q【裏コードはどういう場面で使ったらいいの?】

 

 

 

 A【 曲の終わりや、特に魅せたい部分に使うのが効果的です。】

あまり乱用するような手法ではないので、ここぞというときのために、とっておきましょう

裏コードは、一瞬眉をひそめるような感覚と似ています。

曲が流れている中で、まったく音階の中の音とはかけ離れたコードを突然鳴らし、一瞬聴き手に『ん?』とおもわせ、次の一手で意図したコードにたどり着くことによって、その部分が非常にひきたちます。

 

ちょっとびっくりさせる、サプライズでとがったひびきこそが、裏コードです。

 

 

 

【ひとこと】

音大時代の授業の中で、この裏コードの説明がいちばんびっくりした授業だったかもしれません。

もはや覚えていませんが、厳密に・まじめに裏コードを探り当てようとすると、ものすごい調を経由し、長い長い旅路の末にようやく発見できる奇跡のコードのような説明でした。

 

しかし私の考えでは、最終的にその音・コードを手でおさえることができて、ある程度正しい鳴っていれば問題ないので、このような覚え方をしています。

こむずかしく見えるコードも、見方ひとつで簡単に習得することができます。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール