エレクトーン&ピアノの意外なメリット!【子供が簡単に左右を覚える方法】

  どっちが左手?どっちが右手?

子供が左右を覚えるやり方として、世間一般に広く浸透しているのは、『お茶碗とお箸』かと思います。

お茶碗を持つ方が左手、お箸を持つ方が右手という覚え方。

しかしどうでしょう?右利きの子もいれば、左利きの子もいます。この覚え方は、必ずしも全員に有効というわけではないと言えるでしょう。

 

しかし、エレクトーンやピアノといった楽器なら、右利き左利きに関わらず、簡単に左右を覚えることができます。

実際に私は、『お茶碗とお箸』ではなく、『エレクトーン』で左右を覚えました。

 

  エレクトーンで左右を覚えてしまおう!

エレクトーンに座り、スッと手を置いてみましょう。

このように、右手が上の段の鍵盤左手が下の段の鍵盤となります。(もちろん足はペダルに。)

演奏の役割も、しっかりわかりやすく分かれているのが良いところです。

 

右手が高音域でメロディー

左手が中低音域で和音

 

稀に左手で右手のメロディーの補助をしたり、両手で下の段、両手で上の段を演奏することはありますが、普通に演奏していれば、9割はこのポジションから外れることはありません。

 

左右をなかなか覚えられない子でも、上と下はわかっている場合が多いかと思います。

なので、上鍵盤は右!下鍵盤は左!というように、エレクトーンを弾くイメージをすれば、すんなり左右が覚えられます。

 

  もちろんピアノやキーボードでも

これはエレクトーンに限った話ではありません。

鍵盤が上下に分かれていないピアノやキーボードでも、同じように左右をイメージすることはできます。

先ほどにも出てきた通り、役割を思い浮かべれば良いのです。

 

右手はメロディー。

左手は和音

 

ピアノの曲では、エレクトーンの場合よりもさらにイレギュラーが少なくなる印象があります。ほとんどの場面で、右手でメロディー、左手で和音を演奏します。

 

  あせらずゆっくり!

結果的にエレクトーンで左右を覚えられた幼い日の私でしたが、そこに辿り着くまでにはかなり時間がかかった記憶があります。

幼児向けのテレビゲームが好きで、その中に上下左右を指示通りに入力していくゲームがありました。

上下のボタンはわかるのに、左右のボタンがずっとわからず、かなりイライラしながらプレイしていました。(イライラどころか暴れていました。)

 

両親をはじめ、周りの大人たちから『こっちが左で、こっちが右だよ』と多分あれこれ教えられていたはずでしたが、どうにも覚えられませんでした。

 

そんな中、一番自分にスッと入ってきた覚え方がエレクトーンの上鍵盤と下鍵盤でした。

 

私の場合はたまたまエレクトーンが合っていたようですが、お子様によってぴったりな覚え方はそれぞれあるのだと思います。

 

少し時間はかかっても、焦らずに…。

ぴったりな左右の覚え方が見つかると良いですね。

<最新の投稿>
<カテゴリー>
<タグ>

これで解決 やり方 エレクトーン コツ コード コード奏 シンセサイザー スキル ディズニー ドッペルドミナント ピアノ ポケモン 一覧表 体験談 作曲 初見演奏 即興演奏 和声 和音 失敗談 実体験 幼少期 思うこと 本番 楽器 楽譜 発想記号 短調 移調 移調奏 練習 練習法 耳コピー 聴く 調 調号 遊び弾き 鍵盤 鍵盤楽器 長調 電子オルガン 音楽教室 音楽理論 音程 音階

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール