【ト長調とは】目指せ全調制覇!vol.2

  ト長調とは

ト長調とは、「ソ」からスタートする『ソ/ラ/シ/ド/レ/ミ/ファ#』の7音の中で、メロディー・コード・ベースが行ったり来たりすることを基本ルールとする調のことです。

ト長調の調号はシャープ1つ

ファ#』に付きます。

・長音階で、「ソ」を主音と特定した場合の調。

・英語だと G Major(ジーメジャー)

・ドイツ語だと G Dur(ゲーデュアー)

 

 

  ト長調の出現率

ト長調の出現率は…

星3つ!くらい。

  近親調 ト長調のお仲間一覧

同主調(主音=出発する音が同じ「ソ」)<ト短調>

平行調(調号が同じく#1個の反対の調=短調)<ホ短調>

属調(完全5度上の調)<ニ長調>

下属調(完全4度上の調)<ハ長調>

  

  ト長調のコード

ピアノとエレクトーンの押さえ方はあくまで一例です。参考程度でお願いします。

エレクトーンの『P.K.』はペダルキーボード:足鍵盤、『L.K.』はロワーキーボード:下鍵盤(左手)の略です。

<基本>

(いちど):『G』

ピアノ:ソ/シ/レ エレクトーン:P.K.ソ L.K.ソ/シ/レ

Ⅴ₇(ごどせぶん):『D₇』

ピアノ:ファ#/ド/レ エレクトーン:P.K.レ L.K.ファ#/ド/レ

(よど)『C』

ピアノ:ソ/ド/ミ エレクトーン:P.K.ド L.K.ソ/ド/ミ

<よく使う>

(ごど)『D』

ピアノ:レ/ファ#/ラ エレクトーン:P.K.レ L.K.ファ#/ラ/レ

(ろくど)『Em』

ピアノ:ミ/ソ/シ エレクトーン:P.K.ミ L.K.ソ/シ/ミ

(にど)『Am』

ピアノ:ラドミ エレクトーン:P.K.ラ L.K.ラ/ド/ミ

<ドッペルドミナント>

(ごどごど)→ Ⅴ₇(ごどせぶん)→ Ⅰ(いちど)『A→D₇→G』

ピアノ:ラ/ド#/ミ → ファ#/ド/レ → ソ/シ/レ

エレクトーン:P.K.ラ L.K.ラ/ド#/ミ →P.K.レ L.K.ファ#/ド/レ →P.K.ソ L.K.ソ/シ/レ

<他の調から借りてきて使う進行>

₇(にどごどせぶん)→ Ⅱ(にど)『E₇→Am』

ピアノ:ソ#/レ/ミ →ラ/ド/ミ

エレクトーン:P.K.ミ L.Kソ#/レ/ミ →P.K.ラ L.K.ラ/ド/ミ

₇(よどごどせぶん)→ Ⅳ(よど)『G₇→C』

ピアノ:シ/フ/ァソ → ド/ミ/ソ

エレクトーン:P.K.ソ L.K.ソ/シ/ファ →P.K.ド L.K.ソ/ド/ミ

₇(ろくどごどせぶん)→ Ⅵ(ろくど)『B₇→Em』

ピアノ:レ#/ラ/シ →ミ/ソ/シ

エレクトーン:P.K.シ L.K.ラ/シ/レ# →P.K.ミ L.K.ソ/シ/ミ

 

 

  ト長調についてコメント

ト長調は、そのハツラツとした爽やかさから、『青年の調』と呼ばれるそうです。大学時代に、アンサンブルでアイネクライネナハトムジークをやった際に、ちらっとそんな話を聞いたことがあります。

シャープ系の調には、きらきらとした輝きがあります。

まだト長調ではまだシャープが1つですが、すでに輝きを少し感じますね。そして颯爽とした響きがあります。

ト長調の曲と言えば、バッハのメヌエットや、先述のアイネクライネあたりでしょうか。

どちらも親しみやすい曲で、ト長調の良さを感じられるかと思います。

<最新の投稿>
<カテゴリー>
<タグ>

これで解決 やり方 アレンジ エレクトーン コツ コード スキル ディズニー ドッペルドミナント ポケモン 一覧表 体験談 作曲 初見演奏 即興演奏 和声 和音 失敗談 実体験 思うこと 打ち込み(DAW) 本番 楽器 楽譜 発想記号 短調 移調奏 紹介 練習 練習法 耳コピー 調 調号 遊び弾き 鍵盤 鍵盤楽器 長調 雑談 電子オルガン 音楽教室 音楽理論 音源ソフト 音程 音部記号 音階

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール